真のお母様の願いを受け、「天一国特別世界巡回師」が21日間(7月22日~8月11日)にわたる日本巡回をスタートさせました。福井を巡回して下さった世界巡回師は、家庭連合の草創期から真の父母様に侍ってきた柳鐘寛先生です。
8月7日に開催された特別集会の参加者の中には「世界巡回師の先生のメッセージを聴いていると、真の父母様にお会いしているような感覚を覚え、懐かしい真の父母様の香りを感じることができました」といった感想が聞かれました。
柳鐘寛先生は福井教会に『天福・地福・霊福』という三重福の揮毫を下さいました。お伝えしていなかったのですが、福井市の経験した『大空襲・大地震・大洪水』の三重苦を知っていたかのようなみ言で、今後厳しい苦難の時代は過ぎ去り、嬉しさと喜びと幸福だけが溢れる新時代の福井を感じることが出来ました。

コメントを残す