1月7日、陽暦2018年が始まって初めての日曜礼拝後、壮年メンバーと子供達が餅つきをして、礼拝参加者全員に振る舞って下さいました。
恒例となってきた餅つき大会は、毎年、子供達も楽しみにしている行事です。農家の教会員が餅米を60kg寄付してくださり、礼拝に集まった食口の皆様は、あんこ、きなこ、おろし大根など、いろいろな種類のお餅をお腹いっぱい頂きました。今年もお餅のように、粘り強く歩んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です