2018年5月27日、福井の青年伝道に火を付けるべく、伝道のメッカである名古屋に赴き、愛知青年部メンバーと一緒に伝道実践をするために、7名の有志が伝道ツアーに参加しました。
最初に真の父母様が日本で2番目に聖地として決定して下った『東山聖地』を訪ね、伝道勝利を祈りました。その後、東山動物園を足早に見学し、愛知青年メンバーが待つ成和寮に向かいました。
成和寮では大勢の兄弟姉妹達の出迎えを受け、歌や寸劇などを披露して下さって、遠い福井から来た青年メンバーを心から歓迎してくれました。
昼食後に名古屋駅前に向かい、愛知メンバーとペアを組んで駅前で街頭伝道を行いました。ほとんど通行人のいない福井駅前とは違い、行き交う人々の多さに圧倒されながらも、天が準備された出会いを求めて必死に声を掛けました。どんなに断られても挫けることなく、ますます笑顔で歩んでいる愛知の兄妹姉妹達に勇気づけられ、夕方まで完全投入しました。
帰りは名古屋名物『みそかつ』をご馳走になり、帰途につきました。
今回の経験は参加者一人一人にとって忘れられない恵みの時間となり、『また行きたい!』『次はもっと大勢のメンバーを連れて行きたい!』と大きな心霊復興の一日となりました。真の父母様に心から感謝いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です