2018年6月16日(土)に成和青年部主催でSEIWA YOUTH OPEN FESTIVALを開催し、青年、学生、父兄、新規ゲスト16名を含む160名が参加しました。
フラッシュモブや真の父母様の平和活動をまとめた映像上映、家庭連合の紹介などがあり、メインの基調講演は東京からビジネス界で成功している2世の先輩から、「青年よ、大志を抱け」というテーマでディスカッションも交えながら講話がありました。
講演後には質疑応答の時間もあり、新規ゲストの方々からも質問があがるなど、大変盛り上がりました。企画、運営、動員、パフォーマンスの全てを成和青年部メンバーがおこない、一人ひとりの信仰が深まり、全体の一体感も深まり、企画側も成長していくことができた良い機会になりました。
【動員の証し】
●Mさん
今回は3人に声をかけて、最初の2人に断わられ、3人目にして動員に結び付けることが出来たので、喜びもひとしおでした。今も思うのは私1人では動員は叶わなかったということです。
動員が出来た友人は以前から私が教会へ行っている事を知っていたこともあるとは思いますが、誘った時はすんなりOKしてくれました。普通ならこんなに簡単にいくとは考えられなかったです。背後に兄弟姉妹たちの精誠があったおかげだと実感しています。
●Kくん
今回は大学の友人2人に声掛けをしました。以前に信仰をもっていることは伝えたことがある2人でしたが、いざやってみるとかなり緊張し、なかなか切り出せませんでした。ですが、普段親しくしている友人だからこそ、彼らを真の道に導きたいと思い、言葉足らずでしたが、率直に全部伝えていきました。結果的には動員には至らなかったのですが、ただの友人関係から、私がアベルなんだという自覚を持つことができ、少しは成長できたかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です