福井県実行委員会は2018年7月29日明治維新150周年にちなみ、ゆかりのある名所旧跡を巡り先人らの歴史的功績を偲びつつ、顕彰していくイベントを開催し、約50人が参加しました。足羽山を出発点とし、足羽神社、福井市橘曙覧記念文学館、左内公園、由利公正宅跡、グリフィス記念館、藁屋旅館跡、橘曙覧記念文学館、橋本左内生家跡、由利公正生家跡、福井神社で締めくくる約4kmのコースを徒歩で巡りました。
各拠点では語り部から説明を受け、国家が生まれ変わる時の高い志などの話に耳を傾けた。参加者からは「普段から何げなく歩いている場所の歴史を、より深く知ることができて良かった」と感想が寄せられました。この様子は7月30日の日刊県民福井で報道されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です