2018年8月8日に「勝共UNITE FUKUI」が福井駅前で第5回目の街頭演説を行いました。1週間前から勝共UNITEの活動に賛同する青年や大学生たちが研修会を行うなど、今回の遊説の為に準備を進めてきました。
街頭演説当日、暑い日でありましたが、青年・大学生の弁士たちが、それぞれ憲法改正の必要性を訴えました。ある青年は、中国の覇権拡大の事実を指摘しながら、「戦争するために憲法を改正するのではなく、戦争を未然に防ぐために憲法改正する必要がある」と主張。また別の学生は「現在の緊迫した国際情勢や国内の問題点を考えた時、“これからの平和”を手にするために、憲法改正をきっかけとした新しい国づくりを真剣に考えないといけない」と、力強い声を上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です