10月中旬、長野の千曲川が氾濫して浸水した被災地の復旧ボランティアに、福井教会を代表して青年スタッフが行ってきました。主に被災された食口の家を手伝わせて頂きました。家具も車も畳も全部泥だらけになってしまい、全てを廃棄しないといけない状況でした。
特に水を吸って重くなった物が多く、男手が必要とされていたので、ラガーマンみたいな2人が来たと大変喜んで頂けました。いち早い復旧を祈っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です