2019年12月22日、恒例のX’mas礼拝を開催しました。2000年前に独り子として来られたイエス様が独り娘を探し出せなくて家庭を持つことが出来ず、33才という短い生涯を真の愛を貫き駆け抜けて逝かれた悲しい歴史を忘れることなく、真の愛の家庭を基盤とした世界平和を実現する私たちの教会とならなければなりません。
記念礼拝の後は恒例となった、各部署毎の趣向を凝らした出し物で盛り上がりました。

 

コメントを残す